彼らのサッカー ユニフォーム~長友佑都 ユニフォーム編~

長友 佑都(ながとも ゆうと)は、愛媛県西条市出身のプロサッカー選手。身長が170cm。生年月日, 1986/9/12。日本代表。背番号は5、背ネームが「NAGATOMO」。ポジションはディフェンダー(サイドバック)及びミッドフィールダー(サイドハーフ、ウイングバック)。

今日は、彼の着用した日本代表 ユニフォーム 2018 ホーム 半袖を改めて紹介いたします。

2018FIFAワールドカップロシアを戦う、勝利への魂で染め上げた「勝色」サッカー日本代表「#5.長友佑都オフィシャルマーク付き」ホーム半袖レプリカユニフォームの詳細はこちら。

①サッカー日本代表ホームユニフォーム、レプリカのため、余裕のあるシルエットを採用しています。
②カラーには日本の伝統色である深く濃い藍色を意味する「勝色」を採用。
③伝統的な藍染めとジャパンブルーの原点に立ち返ることで日本の勝利をイメージ。
④デザインには歴史を防ぐ糸をイメージした「刺し子柄」を採用。
⑤初出場から20周年を迎えた節目の年を迎え、これまでの歴史を築いてきたあらゆる選手、スタッフ、サポーターの思いを防ぐ、ロシア大会へ挑むというメッセージを込めている。
⑥クトリーレッドカラーを採用。
⑦首元の内側には、過去5大会分のユニフォームの象徴的なデザインを組み合わせたロゴを配置。過去20年で積み重ねてきた歴史や経験を背負い、勝利をもぎ取る強い意志を表現。
⑧丸みを帯びた着丈の形状により、よりモダンなルックスを動きやすさを両立。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です